Softbankが人型ロボット「Papper」の販売を発表。SDKを使えば誰でもプログラミング可能

2014.06.05Code

0
Softbankが人型ロボット「Papper」の販売を発表。SDKを使えば誰でもプログラミング可能

ロボットであり、新しいコミュニケーションを生むデバイスでもある。Softbankが突如として発表したロボット事業参入。Aldebaran社製の人型ロボット「Pepper」を198,000円という低価格で2015年2月に販売開始する。Papperはクラウドに接続することによって学習効果を高めるロボットだ。さらにPapperの動作をプログラムするためのSDKが配布され、専用のApp Storeも開設される予定だという。今回用意された映像ではおなじみの8名のクリエイターが24時間でPapperのためのアプリを作成。ノードベースのプログラミングができるSDKを使い、見事Papperに「だるまさんがころんだ」を遊ばせることができた。

Papperの性質上、実際にコンパニオンの域を出ることはなかなか難しいだろう。しかしコミュニケーションを通じて動く、さらに個人のレベルでプログラミングできるロボットが画期的なのは間違いない。Papperの勉強に手を貸しつつ、彼の成長を温かく見守りたい。

Via.Pepper(ペッパー)のクリエーターになろう! | 特集 | ロボット | ソフトバンク

掃除くらいロボットに任せたら?という風潮。
iRobot Roomba トップグレードモデル ルンバ 880Amazonで購入

TAG

ARCHIVES

SHARE