現実のモノから色をスキャンして、その色で書けちゃう魔法のペン?「Scribble Ink」

2014.06.10Gadget

0
現実のモノから色をスキャンして、その色で書けちゃう魔法のペン?「Scribble Ink」

実現できるなら夢のような話だが果たして。久々ににわかに信じがたい製品の登場である——あまりに凄すぎるので詐欺でなければいいのだが。「Scribble Ink」はペン型のデバイスで現実の世界のモノから色を抽出する。ペン先の反対側は16bitカラーセンサーになっている。センサー部分はモノにあて、スキャンボタンを押すとモノの色をキャプチャし最大1万色までストックしておくことができる。色情報はiPadなどのBluetoothで接続した機器に送信することも可能だ。確かに、ここまでなら理解できる。驚くのはここからで、その抽出した色のインクを使ってそのまま書くことができるのだ。詳しい原理は明らかではないがペン内で複数のインクを混ぜることでキャプチャ色を再現するという。モックアップを見る限りではこのサイズにこの機能を詰め込むのは至難の業に感じるが、これが実現すれば革命的なペンになることは間違いない。価格は$149.95で、ペン機能を取り除いたスタイラスバージョン($79.95)も用意されている。Kickstarterのプロジェクトはまだ準備中とのことだが、人気プロジェクトになるであろうことは間違いないだろう。

Via.A Color Picker Pen That Reproduces Any Color.

TAG

ARCHIVES

SHARE