Pepperがランダムに動いても人間の真似に見えるのか?ロボットと人間のセッション「Love Session」

2014.09.18Art

0
Pepperがランダムに動いても人間の真似に見えるのか?ロボットと人間のセッション「Love Session」Pepperがランダムに動いても人間の真似に見えるのか?ロボットと人間のセッション「Love Session」

人の認識において、人とロボットの境界は何か。「Love Session」は3331α Art Hack Day 2014という日本初のアートに特化したハッカソンイベントから生まれた、Pepperを使ったライブパフォーマンスだ。同ハッカソンは50名のアーティストとエンジニアによって3日間行われ、Love Sessionを制作したチーム「Pepperと人間」が優勝した。「Pepperと人間」はアーティスト、ダンサー、プログラマー、ビジュアルデザイナー、アーキテクト・ハッカー、彫刻家など、様々なクリエーターやエンジニアで構成される。作品のコンセプトは「人間と近代以降に生まれたロボットという概念の関係性を巡る祝祭と儀式」と難しい文字が並んでいるが、要はPepperと人間が一緒にダンスを踊る、つまりPepperがプログラムによってランダムに動く様子を人間が模する。Pepperに足はないが、首、手、腰は人間のそれと同じである。そのとき踊っているPepperは人間に見えるのか?それを見て踊っている人間はPepperに見えるのか?このようにLove Sessionは2014年現時点での人間とロボットの境界を垣間見るプロジェクトである。またパフォーマンスに先立ち、Pepperとメンバーのポートレートを合成した「Pepperと人間」のビジュアルイメージも作成された。

ロボットを人間に似せようとする考えは数あれど、人間型のロボットを敢えて人とは真逆の方向に動かそうとする試みは新しい。実際に人間の目にはどう映るのか、非常に気になるところだ。

2014年9月20日(土)に開催されるPepper Tech Festival 2014ではパフォーマンス映像が、そして2014年9月23日(火・祝) に開催される3331α Art Hack Nightでも発表が行われる。

Via.Art Hack Day 参加 雑感ログ — tomogui

使用者曰くルンバにも愛おしさを感じるくらいですからPepperにだって。
iRobot Roomba トップグレードモデル ルンバ 880Amazonで購入

TAG

ARCHIVES

SHARE