勝手に走る!映像を投影!まるでR2-D2のような自走式コンピューター「KEECKER」

2015.01.26Gadget

0
勝手に走る!映像を投影!まるでR2-D2のような自走式コンピューター「KEECKER」勝手に走る!映像を投影!まるでR2-D2のような自走式コンピューター「KEECKER」

ホームクラウドが本当に必要としているのは"移動できる大画面"。 ホームネットワークで映像をどこからでも取り出せるのはもはや当たり前の時代だが、結局見るときにはスマートフォンのような小さな画面で鑑賞することになる。小さな画面は「どこでも」を満たしてくれるが「みんなで」を満たしてくれるわけではない。我々が本当に欲しかったもの、それは「どこにでも持ち運べる大画面」だったのでは…まさにこれを実現したのが自走式コンピューター「KEECKER」だ。このコンピューターにはプロジェクタ、そしてカメラとタイヤが内蔵されている。アプリで好きな場所(リビングや寝室など)を指定するだけでKEECKERは勝手に移動。カメラが周囲の様子を検知し、ロボット掃除機よろしく障害物を避けることも可能だ。プロジェクター部分も可動式、スピーカーも内蔵しているので投影する場所を問わず好きなコンテンツを楽しめる。KEECKER自体をラジコンのように操縦することも可能で、各種センサーを活かしたホームセキュリティ用途も想定されている。

プロジェクターのスペックは薄型、短焦点と行き着いたところがあるように感じるが「場所を移動する」という点に着目し、自分で動くという発想を引き出したのは見事だ。白く丸々としたデザインも愛嬌があり、きっと自宅にあれば家族の一員のように感じられるだろう。

Via.KEECKER - The World's First HomePod made to inspire your interiors

僕が知らないうちに2800lm、WXGAのプロジェクターがこのお値段なってました。
EPSON プロジェクター EH-TW410 2,800lm WXGA 2.4kgAmazonで購入

TAG

ARCHIVES

SHARE