プロジェクションマッピング×アクセサリー。光を使ったファッションの新提案「NECLUMI」

2015.01.29Fashion

0

カタチのない衣料品の誕生。 ウェアラブルデバイスとファッションという組み合わせは今最も脚光を浴びている世界だが、多くの場合デバイス自体のデザインがファッションにそぐうのかどうかという議論に終始している。せっかくデジタルという新たな自由を得られるというのになんと窮屈な話だろう。そこでpanGenerator が提案するのはプロジェクションマッピングによってアクセサリーを作り出す「NECLUMI」というプロジェクトだ。小型プロジェクターとiPhoneを組み合わせることで、身につけながら自身の首に映像を投影できるデバイスを制作。光でできたネックレスはiPhoneアプリから種類を変えることができる。またiPhoneのセンサー類を活かし、首を傾けた方向に揺れたり、音声に応じて形状が変化するインタラクティブな仕掛けもある。このデバイスはファッションとも言えるし、ディスプレイの拡張とも考えられるから、言葉を読み取って喉に文字を投射することで、耳の不自由な人に会話を伝える、なんてアイデアも面白いかもしれない。

ファッションといえど、せっかくデジタルという新しい表現を得ることができるのだからそれを使わない手はない。“ウェアラブル” という言葉がもっと幅広い意味で解釈されていいはずだ。

Via.NECLUMI

ファッションとウェアラブルデバイス、両輪で進んでいくのが理想です。
ASUSTek ZenWatch WI500Q-BR04Amazonで購入

TAG

ARCHIVES

SHARE