Raspberry Pi 2発表。性能は6倍に、しかもWindows10が無償提供される!

2015.02.03Gadget

0

IoTのビッグウェーブに飛び込んだMS。Raspberry Piの新機種「Raspberry Pi 2 Model B」が発表された。Raspberry Pi Model B+をベースに搭載CPUは900MHzのARM Cortex-A7にアップグレードし6倍の性能向上。さらにメモリも512MBから1GBに倍増。基本的なハードの使用は大きく変わらないためRaspberry Pi 1との互換性も確保されている。

話はここで終わらない。なんとMicrosoftがRaspberry Pi 2向けにWIndows 10(と開発環境)を無償提供することを発表 した。とはいえWindows 10が製品にバンドルされるわけではなく、Windows Developer Program for IoTの加入者に向けて提供される。小ささ、安さ、扱いやすさでMakerに愛されるRaspberry PiをMicrosoftが押さえることで、IoT(Internet of Things:モノのインターネット)という新興市場の一角を得ていきたいというのがMicrosoftの本音なのはもちろんだが、ここまで大々的にサポートを表明されるのはユーザーとしても心強い。Appleがモバイル市場で起こしたようなブレイクがIoTの世界で起こるのか、そしてMicrosoftはその恩恵に与れるのかそれはまだ分からないが、Microsoftの施策の恩恵を与れる側として動向を見守っていきたい。

Via.Raspberry Pi 2 on sale now at $35 | Raspberry Pi

工作にもアートにも、テレビ用PCにもこれ一本。
Raspberry Piクックブック (Make:PROJECTS)Amazonで購入

TAG

ARCHIVES

SHARE