死、即ちSkypeからのログアウト。PCの画面上で物語が進む新感覚ホラー映画「Unfriended」

2015.04.24Movie

0

僕らのアイデンティティーはディスプレイの中にある、という錯覚。呪いのビデオテープを題材にした「リング」、ケータイをモチーフにした「着信アリ」と、いつの時代もホラー映画の根幹は優れたアイデアが鍵を握る。映画「Unfriended」は全編Macのスクリーン上、それも複数人同時ビデオチャットが舞台だ。物語の始まりはとある女子の酔っ払い動画がYouTubeで拡散されてしまうところから始まる。彼女はいじめを苦に自殺、後日彼女をいじめていた6人のビデオチャット中に謎のアカウントが入室、彼らの周りで奇妙な現象が発生し、一人、また一人と犠牲になっていく…。物語の筋はいつものティーン向けホラー映画のそれではあるが、PCのスクリーン上ですべてが進行するというアイデアが秀逸だ。彼らのアイデンティティのすべてはネット上にしかないという比喩でもある。帯域不足でSkypeの画面がブロックノイズで乱れるなど表現にもリアリティがあって面白い。人生のすべてがオンラインにアップロードされる今、もはやPCのスクリーン上で描けないものはないのだ。ちなみに日本での公開は未定とのこと。

Via.UNFRIENDED Official Trailer (2015) Horror - YouTube

中毒になって、溺れて。それでも「友達」から離れられない私たち。
ソーシャルメディア中毒 -つながりに溺れる人たち- (幻冬舎エデュケーション新書)Amazonで購入

TAG

ARCHIVES

SHARE