カラフルな紙を組み合わせてジャケットの種類無限大。I HATE MONDAYS “TRANSIT”

2015.04.24Music

0
カラフルな紙を組み合わせてジャケットの種類無限大。I HATE MONDAYS “TRANSIT”

リスナーがミュージシャンに少しだけ近づく瞬間。いつからかCDのジャケットには通常盤、初回限定版、はたまた初回限定版(DVD付き)など、同じCDなのにジャケットが違う商品がさも当たり前のように売り出されるようになった。もちろんこれは商売上の都合だが、ジャケットの種類を極限まで増やすことはできるだろうか?I HATE MANDAYSのファーストアルバム「TRANIST」はその一つの答えだ。このCDのジャケットは5色の紙の組み合わせで構成されており、紙の配置の仕方次第で無数のパターンのジャケットを再現することができる。公開されている動画ではメンバーの2人が自らの手で自由な組み合わせのジャケットを作成している様子が収められている。通常販売されるバージョンは決まった配置のようだが、最初から違う組み合わせで売られているものもあるようだ

(内容はデジタルだとしても)CDはアナログなメディアなのだからそこを使わない手はない。CDを買ってくれたリスナーに対して、手に触れて楽しめるこんなギミックを届けることが新しいコミュニケーションを生み出すかもしれない。

Via.I HATE MONDAYS / DO THE BEAT! - YouTube

音楽を楽しみ、ジャケットを楽しもう。
TRANSITAmazonで購入

TAG

ARCHIVES

SHARE