【C90】Splatoonの世界にある(かもしれない)同人雑誌『HITEYE 9月号』ができました【3日目東ホ-03b】

2016.08.11Book

0
【C90】Splatoonの世界にある(かもしれない)同人雑誌『HITEYE 9月号』ができました【3日目東ホ-03b】【C90】Splatoonの世界にある(かもしれない)同人雑誌『HITEYE 9月号』ができました【3日目東ホ-03b】【C90】Splatoonの世界にある(かもしれない)同人雑誌『HITEYE 9月号』ができました【3日目東ホ-03b】

この度RAW-Fiは同人雑誌(ZINE)を作成するプロジェクト『RAW-Fi ZINES』をスタートします。RAW-Fiの掲げる”Log, Share, Make.” のMakeに当たる活動となります。第一弾としてSplatoon同人雑誌『HITEYE 9月号』を制作しました。コミックマーケット90 3日目、8月14日(日)東京ビッグサイト 東地区ホ-03b『RAW-Fi ZINES』で頒布いたします。

テーマは「スプラトゥーンの世界をそばで感じられる1冊」『HITEYE 9月号』はゲーム「Splatoon(スプラトゥーン)」の舞台であるハイカラシティにもしカルチャー誌が存在したら、そしてその雑誌の日本版が存在したら…という設定で制作された同人雑誌(ZINE)です。カルチャー誌らしくファッション、街情報、グルメ、映画、音楽、クリエイターといった題材に加え、スプラトゥーンらしく水鉄砲の特集を配したりと、まるでゲームの世界を有り得るものとして現実に感じられるような、現実と虚構の中間を表現しました。

「特集・ハイカラシブヤシティ」では灰色ハイジさんに”イカ的ファッション” モデルになっていただき、渋谷の街を撮影。現実の中にもハイカラシティを彷彿とさせる看板やグラフィティが登場しているのでぜひそこも注目していただきたいポイントです。

スプラトゥーンを愛するイカしたクリエイターをご紹介する「イカすクリエーター天国」ではthaで働くデザイナーの西村斉輝さん、イラストレーターのhima://KAWAGOEさんのお二方にお話を伺いました。西村さんは『UT me!』や当サイトで以前紹介した「雨音の由来」などの仕事を手がける傍、プライベートで『のらもじ発見プロジェクト』にもかかわてってらっしゃいます。またhima://KAWAGOEさんはイラストだけでなくブランド『性的殺意』も手がけるなど幅広い分野で活躍、当サイトでも紹介した『MEMEO』もhima://KAWAGOEさんの作品です。そんなお二方にスプラトゥーンの魅力や影響されたこと、アイデア、そしてお仕事、創作にまつわることなど幅広くお聞きした、クリエイター必読のインタビューです。

Webマガジン『DINER』さんにご協力いただいた「バトルの休息、シブヤシティの夏メシ SHIBUYA CITY SEA FOOD」。シーフードにまつわる渋谷の穴場スポット満載、ぜひコミケ帰りのごはんスポットの参考にしてください。

その他、ここには書ききれないほど色々な方のクリエイティブが詰まった1冊となっています。Splatoonのファンの方はもとより、そうでない方にも手に取ってもらえるような冊子を目指しましたので、多くの方に手に取っていただけますと幸いです。

RAW-Fiは皆さんが新しい視点や考えを手に入れるきっかけになる場として始まりました。そういった場所でいられるようこれからも続けていきますので『RAW-Fi』『RAW-Fi ZINES』そして『HITEYE 9月号』をよろしくお願いいたします。

Via.HITEYE 9月号 | コミックマーケット90 8月14日(日) 東地区 ホ-03b #C90 #Splatoon #hiteye

通販スタートしました!ぜひお手にとってご確認ください。
スプラトゥーン同人雑誌 HITEYE 9月号オンラインで購入

TAG

ARCHIVES

SHARE